男性にとっての育毛剤

男性の人生の中で一番の関心事は禿げるかどうかだということです。確かにあるとないとではかなり違います。10代20代では気にすることもなかった髪の毛ですが、30歳代になると怪しくなってくる人もいますしすでに曲がり角という人もいます。ある調査によると30歳代で禿げる人が増加しているというデータもあるのです。

少し話がそれますが、現在は男性も女性も晩婚化が進んでいます。男性の初婚年齢は30歳代にまで上がってきました。40歳を過ぎても結婚しない男性が増えています。そのような晩婚化の時代にあって独身で禿げていたら、いくら女性が髪の毛は気にしないと言っても禿げか禿げではないかというのは気にする問題だといえます。男性からみると独身で禿げてくるというのはもう女性には相手にしてもらえないと思う位の出来事なのです。

そうならないためにはどうしたらいいのか、禿げてきたら、やることは決まっています。それは育毛剤を利用することです。これはわかりきっているのですが、育毛剤は毛を生やすというよりも禿げの進行をくいとめる働きがメインのようですということは、禿げる前から育毛剤を使い始めたほうがいいということになります。これは禿げている人にとっては早く使い始めたらよかったと思うのですが、まだ髪が残っている状態で使い始めるのは勇気というか、禿げに対する思いが強くないとできないことだと思います。
しかし、転ばぬ先の杖ではありませんが、できるだけ早く使い始めたほうがいいでしょう。ここではその年齢について考察していきます。